楽しく健康的に痩せられるバランスボールを使っダイエットをご紹介します

バランスボールは、ジムにも置いてありますし今ではバラエティーショップで見かけることも増えました。
健康グッズ・筋トレグッズとしても馴染み深いのですが、そればかりではなくダイエットグッズとしても利用できるのです。
ここでは、そんなバランスボールを使ったダイエットについて触れていきます。

バランスボールの消費kcal
1時間座る:40kcal
バランスボールでのダイエット効果
ダイエット効果のある部位 腹筋・下腹部
運動の種類 有酸素運動
ダイエット効果が表れるのは? 2ヵ月~

バランスボールの効果を引き出すコツを掴むことが理想のスタイルへの近道

ダイエットのためにバランスボールを購入したら、その効果を引き出す使い方を実践しましょう。
ここでは、効果を引き出すバランスボールの使い方ポイントをご紹介します。

バランスボールには正しく座ること

まずは、正しい座り方を身につけましょう。
つま先とひざをおなし方向にすること。
ひざの角度が直角になるくらいにという基本姿勢をマスターしてください。
最初は、姿勢を保つだけでも不可を感じたり疲れることがあるかもしれません。
この段階で、無理だと思わない程度にまずは「短時間」から始めてみるのが良いでしょう。
慣れていくにしたがって、椅子代わりに使う事を目指していくのもポイントです。
焦ることなく慣れてください。

ながらバランスボールで気軽にダイエット

痩せるぞと意気込みすぎると疲れてしまうものです。
生活の中にバランボールがあるというような習慣化を目指してください。

  • テレビを見ながら座る。
  • 家族と話をしながら座る。

用事のついでにバランスボールに乗るようにしていくと、習慣化しやすくなります。
少しずつでも、バランスボールに触れるようにしていくとあることが当然となっていくでしょう。
急に負荷をかけるストレッチなどを始める必要はありません。
継続させることを考えた取り入れ方をしてください。

小さな目標から立てていきましょう

少しバランスボールになれて来たら、小さな目標を立ててみましょう。
この「小さな」というものがポイントになります。
あまり高い目標を掲げすぎてしまうと、ダイエットの効果や期間とそれに伴う結果とのギャップで挫折をしてしまうかもしれません。
目標を小さくすることによって、やる気にもなりますしそれが継続の力となってくれます。
例えば、1kg痩せる・1週間続けるというところからで構いません。
結果が出たらまた1kg・1週間と積み重ねていきましょう。

メモや記録をとり日々の変化を楽しむ

メモ書きでも良いですし、今では管理アプリも数多くありますのでそれを利用しても良いでしょう。
ダイエットで頑張った時間や消費カロリーを記録してみてください。
続けられたというその結果を可視化することによって、モチベーションアップになってくれます。
アプリの中には、他の人たちとのコミュニケーションを取りながら楽しく続けられるというものもありますので、自分に合ったものを選ぶと楽しくバランスボールダイエットを続けられます。

無理は禁物!苦痛になるぐらないならバランスボールはお休みしましょう

バランスボールでのダイエットは継続が大切です。
毎日の積み重ねが大きな結果につながるのですが、体調がすぐれない時などは無理をしないことが大切です。
また、強いストレスを感じている時なども同様です。
どうしてもの時には1日・数日休んでも良いというくらいの心持ちで続けていきましょう。
時間に対しても〇時間が絶対!と決めなくても良いのです。
最初は長時間できないのが当たり前ですし、1時間で疲れたら一度休憩をしても構いません。

バランスボールを買ったのは良いけど続かない…継続してダイエットするコツ

バランスボールを使ってダイエットをするにはある程度の継続力が求められます。
そう考えると不安になるかもしれません。
しかし、継続するためのちょっとした工夫で楽しく続けられるのです。
そんな継続のコツをご紹介します。

時間を決めると続けやすいので習慣付けを頑張る

あらかじめ大体でも良いので、トレーニングをする時間を決めておくことです。
このことで、メリハリもつけやすなりますし、モチベーションも維持しやすくなります。
特に座るだけではなくストレッチを始めた段階ではポイントにしましょう。
例えば、座るのは日常的に。
ストレッチは平日の20時から1時間程度。
トレーニングは土日の10時から1時間程度という生活に合わせたメニュー作りもオススメです。

危険な使い方をしないこと!

座るほどダイエット効果が出るというと、常に座りたいような気持になるかもしれません。
しかし、使わない時間を知ることも大切です。
それが「食事中」です。
バランスを崩してしまうと、料理を落としてしまったり熱いものを食べている最中であればやけどの可能性もあります。
使わない時間を知ることこそ、続くポイントなのです。

ダイエット仲間を作り、情報を共有する

友達や家族、もしくはSNSなどのコミュニティ利用でも良いので、仲間を作ると継続がしやすくなります。
同じ思いや目標を「共有できる」というのは、大きな励みにもなりますし続けようという気持ち向上にもつながるのです。
悩みや挫折感を覚えた時にも相談ができます。

さまざまなバランスボールの使い方を知るとより効率的なダイエット効果が得られる

バランスボールを購入してはみたものの、どうやって使ったらよいのか分からないという事もあるでしょう。
使い方のポイントをいくつか知っておくと、効率的なダイエット効果を得られるでしょう。
ここでは、使い方をいくつか具体的にご紹介します。

椅子代わりに使う

背筋を伸ばし、膝を直角に曲がる事を意識して座りましょう。
短時間から慣れていくのがポイントです。
腰痛の防止や代謝率アップが期待できますし、体幹にも効果的です。

簡単背中のストレッチ

膝立ちをしたら、両手でバランスボールを抑えて前にころがすように体を伸ばしましょう。
その時、ゆっくりと息を吐くのがポイントです。
背中を伸ばすことで、コリをほぐすこともできます。

腹筋を鍛えてスッキリお腹に

バランスボールの上に仰向けに寝るようなイメージで体重を傾けてください。
両足はついた状態・両手はバンザイの状態にします。
このことで、腹直筋・腸腰筋・上腕三頭筋などが鍛えられます。

バランスボールから足を離してみる

バランスボールになれてきたら、トレーニング要素を少しずつ入れてみましょう。
バランスボールからゆっくりと足を離します。
できれば地面と平行になるくらいに足が上げください。
両手は真横に伸ばします。
その姿勢を暫くキープしてください。
全身の循環率アップ・体幹アップ・腹筋や太もも・ふくらはぎとあらゆる部位に効果があります。

【注意】バランスボールの間違ったダイエット方法

少しでも効果アップのためにとバランスボールを使ったダイエットを実践することもあります。
良い効果につながればもちろん素晴らしい事なのですが、もしかしたら良かれと思ってしていたことが「間違いだった」という事もあるのです。
ここでは、そんな間違ったダイエット方法をまとめていきます。

バランスボールとダンベルトレーニング

バランスボールに慣れてくると、プラスのトレーニングとして「ダンベル」を追加するケースがあります。
バランスボールに座りながらダンベル運動をするのは効果的という印象があるかもしれません。
しかしこの方法はおススメできないのです。
安全にダイエットをすることは大前提です。バランスを崩してしまうとケガをする恐れがありますので、もし実践しているのであれば中止してください。それぞれ「別メニュー」で取り組んでいきましょう。

足を使ったバランスボールダイエット

足にバランスボールを挟んでゆっくり上にあげていくというストレッチ方法です。
この方法そのものは腹筋や足にも効果的なのですが、足を高く上げてしまうと効果が半減してしまうのです。
腹筋の負荷が逃げてしまうので、程々の高さを意識しましょう。

自分あったバランスボールを選ぶこと

何と無く使いにくいけれどダイエットのためだからとバランスボールを使っていませんか。
バランスボールには基本的に55cm・65cm・75cmの3種類あります。

  • 155cmまでの方は55cm
  • 175cmまでの方は66cm
  • それ以上の方は75cm

が適切でする
サイズ選びが間違えていると、ダイエット効果が得られにくくなってしまいます。

バランスボールを使ったダイエット方法まとめ

バランスボールは手ごろな価格で家でも簡単に始められるダイエットグッズだと分かりました。
健康的なダイエットは理想的なスタイルを目指しやすいですし、痩せやすく太りにくい身体の基礎を作ってくれるのでオススメです。
継続のためのポイントから間違った方法を知れば、さらにダイエットを快適にそして安心して進められるでしょう。
短時間からでも始めれ、運動が苦手だという方にもオススメできます。
もし、興味があるようでしたらぜひとも始めてみてください。