ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

50代からのダイエット方法を紹介

40代半ばから50代の方で“いままでと同じ量しか食べていないのにドンドン太っていく”と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
実はこれは加齢による様々な身体の変化が原因で、その原因を解決すれば加齢による肥満を予防もしくは改善することができます。

そこで本記事ではそんな「加齢による肥満」の原因についてはもちろん、オススメのダイエット方法についてもご紹介していきますので、興味のある方は是非読んでみてはいかがでしょうか?

◆50代の太る原因とは?

50代からのダイエット方法
歳を重ねていく毎に私達の身体は、様々な理由からどうしても太りやすい体質に近づいてしまうことは上記でもお話しました。
そこでまずここでは、なぜ50代になるとこんなにも太りやすく、痩せづらい身体になってしまっているのか?その原因を説明していきます。

▲閉経によるエストロゲンの減少

産後
妊娠や出産にかかせない女性ホルモンの1つ「エストロゲン」は、年齢とともに徐々に分泌量が少なくなっていき40代後半から50代にかけて急激に低下していきます。

この「エストロゲン」とは、出産や妊娠以外にも糖や脂肪の燃焼を手助けする役割があるため、“若い頃はいまよりもっと痩せやすかった”と感じられるのはこれが原因の1つとしてあげられます。

また、「エストロゲン」の低下は肥満などの美容の面だけにとどまらず、更年期症状/失禁/膣炎/性交痛などの原因にもなっていて、閉経後数年後からは骨粗しょう症や動脈硬化、認知障害などのリスクが高まる原因にもなると考えられています。

そのため「エストロゲン」の低下は、美容だけでなく健康の面でも悪影響が及んでしまうということがよくわかります。

しかしそんな「エストロゲン」の分泌量の低下は、放っておいて改善するなんてことはまずありえませんが、食生活やサプリメントなど日々の生活で補っていくことは可能です。

その方法については本記事内の下記のほうでご紹介していきます。

▲加齢による基礎代謝の低下

歳を重ねるごとに「基礎代謝量」はどうしても低下していってしまいます。

この基礎代謝とは、「心臓を動かす、呼吸をする、体温を保つ」などのただ生きているだけで消費するエネルギーのことをいいます。
つまりただ横になっているだけでも私達は一定量のエネルギーを消費して生活しているということですね。

意外と知られていない事実ですが、10代の方は一日のうちに消費するエネルギー量のうちなんと約7割がこの基礎代謝に該当しており、他の3割が運動や仕事などで消費しているのだとか。

そのため太りにくい身体=基礎代謝が良いという法則がなりたちますし、当然ですがその逆もまた然りです。
基礎代謝は男性の場合は18歳、女性は16歳くらいをピークにあとは「現状を維持すること」以外エネルギーが使われないため、基礎代謝量も加齢とともにどんどん低下してしまいます。

もちろんこの基礎代謝に関しても様々な改善方法がありますので、そちらに関しても下記でご紹介していきます。

◆50代におすすめのダイエット方法

10代や20代のころは少しお菓子や炭酸飲料、間食をやめるなどの対策を取って少し運動すれば簡単に痩せられたのに、歳をとるごとにどうしても痩せにくくなってしまいます。

そしていま、若い頃と同じ方法でダイエットをしても全く効果が感じられないなんて思っている方も多いはずですしそれは継続してもあまり意味がないでしょう。

50代になってからのダイエットで最も重要なのは「エストロゲンの分泌量を増やす」と「基礎代謝をあげる」の2点がダイエット成功の近道だと考えましょう。
この2つを改善する=食事や運動などに気を使っていることにもなりますからね。

そこでここからは上記の2つの点を改善する効果が期待できるオススメの方法についてご紹介していきます。

1:エストロゲンの増加を促して糖・脂肪の燃焼を促す

脂肪を燃焼
上記でも説明しましたが脂肪燃焼効果がある女性ホルモンの「エストロゲン」は、加齢とともに減少してしまい、またそれが原因で動脈硬化や認知障害などのリスクが高まる原因にもなります。

そんな美・健康の両方で必要とされる「エストロゲン」を補うことができる方法は以下の3つです。

・食生活による改善

大豆食品
イソフラボンが多く含まれている食材を豊富に取り入れることが「エストロゲン」の増加に効果が期待できます。

イソフラボンを多く含んでいる食品は「豆腐、納豆、きなこ、煮豆、豆乳、味噌」などの大豆から出来ている食材が主になりますし、またこのイソフラボンの摂取をより効率的にするためには、ヨーグルトや食物繊維が多く含まれているものをバランス良く摂取することが重要です。

・サプリメントで補う

ダイエットサプリメント
上記であげた「イソフラボン」はもちろんですが、食事からは簡単にとることができない「DHEA」をサプリメントで手軽に摂取するという方法もおすすめです。

毎日一定量食事からとるのは「イソフラボン」でも正直難しいという方もいると思いますが、サプリメントなら無理せずに毎日続けることもできますよね。

ちなみにこの「DHEA」とは、女性ホルモンの母とも言われる成分で、摂取することによって身体の中で「エストロゲン」に変換される物質ですが、医薬品扱いになっていないため医師から処方してもらうことをオススメします。

また、この「DHEA」は過剰摂取することで女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンも体内で増やしてしまうためニキビやヒゲなどが生えてくる原因になるため注意が必要です。

・医薬品により「エストロゲン」を補う

エストロゲンの分泌の改善として、飲み薬や貼り薬、また膣剤や塗り薬があります。
また、この医薬品は「エストロゲン」の不足の原因としてなる更年期障害やそれ以外の症状から処方を受けることができるため、健康保険を適用することができるというメリットがあります。

医薬品の主成分は主に「エストロゲン」と「黄体ホルモン」の2つが含まれている物が多いです。
この医薬品のリスクとして「エストロゲン」を長期間投与すると子宮内膜が増殖し、それが癌の原因になってしまう危険性があげられますが、「黄体ホルモン」には子宮内膜の増加を抑える役割があるためこの2つを併用することでリスクを出来る限りなくすようにしています。

また乳がん、子宮がん、脳卒中や心筋梗塞になったことのある方にはこの方法ができないというデメリットもあげられますが、どちらにしてもこの方法が気になるという方は一度病院に行き、医者に相談してみることをオススメします。

▲基礎代謝量をあげる

食事を摂らないと痩せるのは当たり前ですが、そんな無謀なダイエットを続けてもそのうちリバウンドをしてせっかくの努力が全て水の泡になってしまいます。

食事制限は無駄な間食をしている方が、その間食を辞めるというのであればもちろん有効的な方法ですが、三食きちんと摂っているのを辞めるというのは決してオススメの方法ではありません。

では50代の方にオススメのダイエット方法とはなんなのか?

よく広告などで見かけるダイエット食品を確認すればわかりますが、どれも「※適度な運動を行っています」という記載がされています。
ここからもわかるようにどんなダイエット方法を選択しても結局は適度に運動をしてエネルギーを消費する身体づくりが必要です。

そしてこの運動のなかでも「無酸素運動」が、基礎代謝をあげる主な方法の1つです。

基礎代謝量を上げる方法として「無酸素運動」以外にも「基礎代謝量があがる食材」や「ダイエットサプリメントを利用する」などがありますので、以下の点について簡単にご説明していきます。

1:無酸素運動を行う

有酸素運動
まずは軽い運動ですが、「基礎代謝量」を上げる方法として筋トレや短距離走などがおすすめです。

脂肪を燃焼する効果がある運動は「有酸素運動」ですが、基礎代謝量を増やす効果があるのは「無酸素運動」だということは頭に入れておきましょう。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、軽い水泳など酸素を取り入れながら行う運動のことをいい、継続して筋肉に負担をかけることで身体にある脂肪が燃焼されていきます。

逆に無酸素運動とは、上記でもあげた筋トレや短距離走などが該当し、息を自由に取り入れる余裕はないためあまり酸素を取り入れることができませんし吸えたとしても勢い良く吸うことになります。

そのため無酸素運動は身体に必要な筋肉が増えることで、基礎代謝量が増えていくという仕組みになっています。

脂肪燃焼はもちろんダイエットにとって非常に重要なことではありますが、その脂肪燃焼の効果が若い頃よりも感じられなくなるのが「基礎代謝量の低下」なので、まずは無酸素運動を上手に取り入れてダイエットの土台づくりをする必要があります。

2:基礎代謝量があがる食材3選!

・しょうが

しょうがの辛味成分には「シンゲロン」と「ショウガオール」という成分からなっています。
これらの成分には「血液の循環を促す効果」や「身体を暖める効果」、また「胃液の分泌の促進効果による消化吸収の効率もあげてくれる効果」があります。

・ねぎ

ねぎには「アリシン」という血行を促して、血液の循環を改善する効果があります。
特に、根深ネギの青い部分に多く含まれているためこの部分を中心に食べることでより効果的です。

・唐辛子

唐辛子は「カプサイシン」が含まれているため基礎代謝量をあげる食材としてとても有効的な食材の一つです。

「カプサイシン」には、アドレナリンの分泌や体温の上昇、発汗作用などがあるため、新陳代謝があがります。
ただしこの唐辛子は摂取しすぎると、胃の粘膜が傷つく原因でもありますので食べ過ぎには気をつけてくださいね。

・ダイエットサプリメントを上手に取り入れる

CMなどで一時期よく見かけていた「カロリミットファンケル」などもこのダイエットサプリメントに該当します。
ダイエットサプリメントとは主に3つの効果に分かれていて、上記でもあげた商品のように「食べ物を吸収して脂肪になるのを防ぐ効果」、「食べ過ぎを防ぐ効果」ともう1つ「脂肪燃焼を高める効果」の2つになります。

この「脂肪燃焼を高める効果」は要するに若い頃のような痩せやすい身体に近づけてくれる効果が期待できるため、基礎代謝の落ちている50代の方にはとても有効であり、オススメのダイエット方法です。

◆50代の方にダイエットサプリがおすすめの理由

激やせダイエットサプリランキング
本記事からわかるように基本的に50代の方が効率よく痩せるためには、若い頃には必要のなかった「基礎代謝量をあげる」という手順を踏む必要があります。

しかし、効果の個人差はありますが、「脂肪燃焼を高める効果」のあるダイエットサプリメントを飲むことで、基礎代謝量をあげて、一歩目から有酸素運動に取り組むことが出来ます。

また、ダイエットサプリメントの魅力として毎日運動前に飲むだけなのでお手軽で取り入れやすい点も魅力の1つと言えるでしょう。

◆50代からのダイエット方法まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事の要約として

  • 加齢とともに女性ホルモン「エストロゲン」の減少で基礎代謝量が落ちる
  • 加齢とともに筋肉量の低下などから基礎代謝量が落ちる
  • 上記2点によって若い頃よりも確実に痩せづらい身体になってしまう
  • それを解消するのは、「エストロゲン増加」「無酸素運動」「ダイエットサプリメント」
  • この中でオススメなのは簡単に取り入れることができる「ダイエットサプリメント」

といった感じですね。
もちろん無酸素運動も重要なので無理のない範囲で筋トレをするなどはしていただきたいのですが、やはり短距離走や筋トレを毎日続けるのは本当にしんどいと思います。

もちろんダイエットサプリメントを飲むことですぐに実感できるような効果がないものがほとんどですが、やはり継続することが重要になるためただ飲むだけのダイエットサプリメントは無理なく続けることができるという点でも非常に魅力的です。
実際にダイエットサプリメントを選ぶ際には口コミや利用方法などを確認して、自分に最も適しているものを選ぶことをおすすめします。

更新日:

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2018 All Rights Reserved.