ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

中学生や高校生など、10代のダイエットの方法とは?

10代のダイエット方法

10代は最も他人の目が気になってしまう年頃ですし、その気持ちはもうどうしようもないと思います。
本当に誰しもが通る道のようなものです。

しかし、だからといって“いまよりもっと痩せたい”や“少し太ってきたから痩せたい”と思った時に、充分な知識が状態で雑な食事制限ダイエットなどを行ってしまうとを、様々な点で20代30代になった時に後悔してしまうかもしれません。

そのため、本記事では健康的に美しく痩せるために必要な知識をご紹介していきますので、痩せたいと思っている10代の方は少しだけお時間をいただければと思います。

10代の太る原因とは

女性の年齢変化

年とともに太りやすくなる」この言葉、理由はよくわからないけど聞いたことはある!という方も多いと思います。

この理由として女性は、「閉経」のタイミングで脂肪分解に深く関わる女性ホルモンが激減した結果、太りやすい体質になってしまうと言われているため、少なからず10代の方には一切関係のない話になります。

それではなぜ10代の方でも体重が増えてしまうのでしょうか?
その原因としては、以下のケースが考えられます。

1:日常生活のストレスの発散として食べすぎてしまっている

食べすぎ

10代は、新たな人間関係や受験勉強など様々な面で大きなストレスを感じてしまうことが多いです。

そんな他人には簡単に理解してもらえない悩みを、日々の生活で感じる度に「食べることで忘れる」という方法をとってしまっている方も少なくはないはず。

しかし、食べることでストレスを解消するということは以下のデメリットがあげられます。
まず、人はストレスを感じると脳からドーパミンが分泌されますが、そのドーパミンには食欲が抑えられなくなるという効果があることが分かっています。

さらにストレスは、レプチンという食欲を抑える物質の働きを弱めることも分かっているため、普段よりも多く食べ過ぎてしまう原因にもなっています。

上記の2点からストレスの解消として食事を取っているという場合は普段よりも食欲の抑制が効いていない状態になっているため限界もしくは限界以上に食べすぎてしまいます。

そのため、一人カラオケに行ってみたり、筋トレをもくもくとするなど自分にあったストレス解消方法を見つけることをオススメします。

2:間食や間飲による摂取過多

間食

授業の合間や放課後、部活帰りなどに友達とお菓子を食べてしまうことは多々あると思いますが、甘いものや揚げた食事はやはり高カロリーで栄養が偏っているモノがほとんどです。

また、ハンバーガーなどは、野菜が多く使われているもので比較的ヘルシーなものでも1つ400kcalを超える高カロリーなものがほとんどです。
そんなハンバーガーやフライドポテトを日常的に友達と食べてしまっている場合、さすがに代謝のいい10代でも簡単に太ってしまいます。

手軽で美味しいジャンクフードは、栄養素と糖分や脂質・カロリーのバランスが強く偏ってしまっているため、間食をする際には砂糖を控えているお菓子類やカロリーオフのところてんゼリーなどに変えてみるのは非常に効果的です。

3:成長期からくる食欲の増加

暴食

身長や筋肉などが発達するこの時期に、食べても食べてもお腹がすいてしまうということもあると思います。

もちろんこの事自体はなにも悪いことではありませんし普通のことですが、やはりカロリーの摂取と消費のバランスが傾いてしまうとどうしても太ってしまう原因にはなってしまいます。

そのため朝昼晩以外の間食には、バランス栄養食品をとったり無駄に高カロリーなものを口にしないようにしたり、毎日決まった運動をするなどしてカロリーの摂取量と消費量のバランスを考えることが重要です。

4:足太りは冷え性が原因?

足のきれいな女性
これは中高生の悩みのタネとしてあげられますが、1年中スカートを履かないといけないため、どうしても冷え性になりがちになってしまいます。

また、朝から夕方まで長時間同じ体勢で授業を受けるというのも血流を妨げて末端冷え性になってしまい最終的にはその冷え性がむくみの原因になってしまいます。

このむくみは、将来のセルライトの原因と考えられており、このむくみを軽く考えているとエステに通わないと取れなくなってしまうということになってしまうかもしれません。
そのため、下半身を冷やさないようにタイツやひざかけなどを利用したり、授業中にも首周りや足首などをまわして血流を止めないように意識しながら生活をすることで冷え性の改善になり、さらにはむくみの予防にもなるのです。

若い10代だからこそ、美に対する意識を高くもつことが今後の将来のためにもなるということを忘れないで生活するようにしましょう。

◆10代の方におすすめのダイエット方法

中高生はまだ身体が大人にはなっていく途中段階のため、骨や筋肉だけでなく内臓系の発達のためにもたくさんの栄養素が必要になっています。

そのため、10代の方が最もしてはいけないダイエット方法は上記でもあげたように「過度な食事制限」だということを覚えておくことが大切です。
過激なダイエットには、生理が遅れてしまったり、排卵が止まってしまうなどの他にもたくさんのデメリットがあります。

そこでここでは、一度10代の方が過度なダイエットをすることのリスクについてご紹介した上でおすすめのダイエット方法をご紹介していきます。

▲過度な食事制限のデメリットとは?

食事制限

10代の育ち盛りの方が正しい知識なしに食事制限ダイエットをするデメリットについてここではご紹介していきます。

1:骨や筋肉の発達を妨げてしまう

カルシウムや鉄分が足りなくなると、貧血になるのはもちろん「疲れやすい」「集中力が続かない」など勉強や仕事が一切はかどらなくなってしまいます。

心臓の拍動のスイッチとしても役割を果たしているカルシウムは、当然神経細胞としての働きも担っているため、カルシウム不足=脳の回転が遅くなるという原因にもなってしまいます。

2:生理不順や子宮や乳腺の未発達

これは上記でも少しお話しましたが、過度なダイエットで栄養が偏りすぎるとダイエットに成功したとしても最悪の場合、何年間も生理が止まってしまうことがあります。

それは成長期の栄養不足によって、脂肪が急激に減っていくことで女性ホルモンの分泌が減っていき卵巣の機能が停止、もしくは充分な働きができないため、生理不順や無月経症になってしまう危険性があります。

3:頭脳の発達を阻害してしまう

これはカルシウム不足の件にもつながっていますが、栄養不足や偏った食生活は脳の成長を妨げる1つの原因として考えられていて、実際にデータとしても偏差値がトップの学校の生徒であればあるほど全体的に栄養のバランスが充分に取れているということもわかっています。

そのため、成長期の10代の間に必要な栄養を摂らないのは現段階での能力の低下だけでなく、今後の未来に向けた能力の低下にもつながってしまう危険性があります。

▲10代におすすめのダイエット方法

10代の女の子
上記では食事制限によるデメリットについてご紹介いたしましたが、過度な食事制限によるダイエットがどれだけ自分にとって正しくない方法なのかということは理解していただけたのではないかと思います。

そのためここでは食事制限以外で、健康的にダイエットをするオススメの方法についていくつかご紹介していきます。

お菓子や炭酸飲料だけ我慢する

無駄な間食を辞める、もしくは間食をしてもカロリーの低い寒天ゼリーなどで小腹を満たすようにすることがあげられます。
まず大前提として、お菓子は健康にも、美容にも良いことなんてほとんどないということを理解しておきましょう。

コラーゲンが配合されているグミや、ビタミンC多く入ったアメなどは、結局ただの砂糖の塊でしかなく、ダイエットを考えている方にとってどんな成分が入っていたとしても摂取するべきではないことは明らかです。

腹八分目まで3食きっちり食べることは問題なく、お菓子をどれだけ我慢するということが10代の方にとって最もダイエットの改善につながります。

ウォーキングやホットヨガなどを行う

まだ10代の段階では、基礎代謝が非常に高い状態になっているため、簡単に体重を落とすことが出来ます。
そのため、一日に5,000~8,000歩くらい歩くだけで簡単に落ちていくので登下校などスマホのアプリに歩数計などを入れておき、毎日自分がどのくらい歩いているのかチェックするようにして、少なければ毎日歩く時間を作ってみるなどをしましょう。

>ヨガとホットヨガは何が違うの?ダイエット効果が表れるのはどれ?

ダイエットサプリメントを利用する

上記では基本的に10代は基礎代謝が良い方と言いましたが、本来は代謝の良い10代でも、甘いものの食べ過ぎやジュンクフードの食べ過ぎによって代謝が落ちてしまっている方も最近では少なくありません。

そのため、代謝を良くするダイエットサプリは本来であれば元から代謝がいいためあまり効果がないと思われますが、上記であげた代謝が落ちてしまっている方にとってはダイエットサプリを使用したダイエット方法は確実に有効な手段としてあげることができます。

下記ではそんなダイエットサプリを利用する際の注意点やおすすめのダイエットサプリについて簡単にご紹介していきます。

10代がダイエットサプリを使ってダイエットする際の注意点とは?

上記からもわかるように代謝が良い10代の方はこのダイエットサプリを使用する必要はないということをまず頭にいれておきましょう。

ダイエットサプリとはあくまで痩せるための薬ではなく、代謝を良くするための栄養素が多く含まれたカプセルのことを言います。
そのため、ダイエットサプリを飲むだけで簡単に痩せていくと行くことはなく、健康的な栄養の取れた食事、充分な睡眠や運動も含めてはじめて身体は痩せていきます。

【ランキング】激やせダイエットサプリの人気ランキング

そしてサプリと言っても「脂肪燃焼系」や「食欲を抑える効果」の2タイプがあげられます。
この2つによっては飲むタイミングが全然違い、基本的には「脂肪燃焼系」は運動前に、「食欲を抑える効果があるサプリ」は食事前に飲むということになりますが、ここで推奨するのは、「脂肪燃焼系」のダイエットサプリということは言うまでもありません。

個人的にはお菓子やジャンクフードを辞める+ダイエットサプリを飲む+ウォーキングやヨガなどを行うだけで充分体重は落ちていくと思います。

10代のダイエット方法まとめ

いかがでしょうか。
ダイエットサプリに関しては上記で説明したとおり、代謝が落ちてしまっている方には有効な手段の一つであり、楽にダイエットをするための手段としておすすめしますが、あくまでも「食欲を抑える効果」ではなく、「脂肪燃焼を助ける効果」のあるものを選ぶことを個人的にはおすすめします。

何度も言っていますが、あくまで正しい知識で健康的にダイエットをすることがあなたの美をより輝かせるということは決して忘れないで下さいね。

更新日:

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2018 All Rights Reserved.