ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

おすすめダイエット方法

洋ナシ形肥満を解消するには?下半身ダイエットが成功するステップ

更新日:

洋ナシ肥満の女性
お腹やヒップ、太ももやふくらはぎなど、上半身はそれほど太っていないのに、下半身にたっぷり脂肪が付いている洋ナシ形肥満に悩んでいる人もいるはずです。
どうして下半身に集中して脂肪が付いてしまうのか、どんなダイエット方法がいいのかを紹介しましょう。

女性に多い洋ナシ形肥満とは

洋ナシ体形の女性
洋ナシ形肥満というのは、上半身にはあまり脂肪がなく、下腹部から下のヒップ、太ももやふくらはぎなど下半身を中心に皮下脂肪が付いてしまった肥満のことです。
体型が洋ナシのように見えることから、こう呼ばれています。
臓器の周りに付く内臓脂肪ではなく、皮膚のすぐ下にある皮下脂肪が多い状態で、脂肪を溜め込みやすく落としにくいという厄介なタイプなんですね。
男性よりも女性に多い肥満のタイプ、これは女性の体の作りに関係しています。
妊娠出産に重要な子宮などの臓器を守るために脂肪が付きやすい体質なのと、男性よりも女性の方が筋肉量が少ないからです。

洋ナシ形肥満になる原因とは

洋ナシ形肥満になってしまう原因は主に3つあります。

  • むくみや冷え
  • 骨盤の歪み
  • 運動不足による筋肉の低下

順番にどんな原因が潜んでいるのか見ていきましょう。

・むくみや冷えで脂肪が付きやすくなるのはどうして?

冷え性
むくみも冷えも、女性の体の悩みで多いものの一つです。
特に洋ナシ体型の人が抱える悩みで、お尻や太もも辺りにセルライトができていませんか?
デスクワークや立ちっ放しの仕事をしていたり、プライベートであまり動かないという人に多く、血行とリンパの流れが悪くなっているんです。
心臓から遠くなるほど血液が流れにくくなりますし、リンパの流れは血行と連動していることが多いんです。
足先に行くほど血液が流れにくくなって冷え性になるし、不要な老廃物を回収できずにむくみが起きてしまうんです。

血行やリンパの流れが悪くなると、老廃物を回収しきれずに脂肪にくっ付いてセルライトができてしまいます。
全身の代謝も落ちてしまいますから、脂肪を溜め込みやすく落ちにくいという困った体質になり、血行やリンパの流れが悪くなりやすい下半身にばかり脂肪が付いてしまうんですね。

・骨盤の歪みと代謝の低下

骨盤が開いていたり歪んでしまうと、下半身にお肉が付きやすくなるんです。
開いた骨盤の間に内臓が下がってきてしまうので、ぽっこりとしたお腹になるんですね。

下半身のバランスを取っている骨盤が歪んでしまうと、血行が悪くなります。
筋肉の一部分に負荷がかかって常に収縮した状態になるし、下半身の血液のめぐりにも影響を与えてしまいます。
下半身そのもののバランスが悪くなって、血行が悪くなると代謝も落ちてしまいますから、下半身に集中して脂肪が付いてしまいます。

・下半身の筋力不足で脂肪を溜め込んでしまう

筋肉がたくさんあるほど脂肪燃焼効果も高まります。
運動する習慣のない人は下半身全体の筋力が落ちてしまって、脂肪を溜め込みやすい体になってしまうんです。
デスクワークをしていても、腕や上半身はそれなりに動かす機会はありますが、下半身は座ったまんまなのでほとんど筋肉が使われていません。
筋肉は使わないとどんどん衰えてしまって、脂肪燃焼効果が落ちて代謝もどんどん低下してしまいます。
元々女性は男性よりも筋肉が少ないですから、きちんと下半身を使ってあげないとすぐに筋力不足で洋ナシ体型まっしぐらになるんですね。

下半身ダイエットを成功させるためのステップ

下半身ダイエットを成功させるためには、洋ナシ体型の3つの原因を改善していけばいいわけです。

  • 冷えやむくみを改善
  • 骨盤の歪みを改善
  • 下半身の筋力不足を改善

・冷えやむくみを改善してセルライトをなくそう

セルライト
冷えを改善してあげるためには、体を温めて血行をよくするのが一番ですね。
冷たい食べ物や飲み物を控えるようにしたり、洋服で冷えないように普段から気をつけてあげましょう。
お風呂は冷え性改善に一番効果的なので、ちょっとぬるめの湯船にゆっくりと10分くらい浸かって体を温めるようにしましょう。

お風呂上りの体が温まっている時にはリンパマッサージをしてあげましょう。
血行がよくなっているので、下半身に溜まっている老廃物を流してあげるのには絶好のタイミングなんです。
足先から太もも方向へ軽くさするようにマッサージしたり、手でグーを作って足の両側から押してあげると効果的です。
それほど力を入れる必要はなく、気持ちいいなという程度の力で大丈夫です。

また、気になるセルライトもお風呂上りには潰しやすくなっています。
デコボコのセルライトが気になる部分を指でつまんで離すというのを繰り返してあげましょう。
グイグイ力を入れて押したりもんだりするマッサージだと、痛いし青あざができてしまうので、軽くつまんであげる程度で充分です。

・骨盤の歪みを簡単に取るストレッチ

骨盤の歪みは腰をゆっくり回してあげるストレッチがおすすめです。
腰に手を当てて、フラフープをしている時みたいに左回りと右回りに腰を回してあげるだけです。
腰に負担がかからないように水平に動かすのがポイントですね。
1日30回程度で効果があるので、空いた時間にトライしましょう。
キュっとしたウエストのくびれができやすいです。
骨盤の歪みを正す定番の運動がお尻歩きです。
足を前に伸ばして座り、お尻で歩くような感じて前に進みましょう。
10歩ほど進んだら、今度は後ろ向きに進んで元の場所に戻るようにします。
背中が丸まったり足が曲がらないように気をつけてあげて、1日5分程度から始めてみましょう。

・運動不足解消に有酸素運動とスクワット

下半身に付いた脂肪をしっかり燃やすためには、やはり運動は必要ですね。
脂肪燃焼効果の高いウォーキングやスロージョギング、縄跳びや踏み台昇降など、あまり体に負荷がかからない軽めの有酸素運動を取り入れましょう。
最低でも20分続けるのを目標にして、息が上がりすぎないペースで続けるのがポイントです。
脂肪は有酸素運動じゃないと燃えてくれないので、下半身をすっきりさせるためにもハードじゃない運動を取り入れるのが一番なんです。

有酸素運動と合わせてやりたいのが、下半身全体の筋肉を鍛えられるスクワットです。
腹筋や太もも、お尻やふくらはぎなど下半身全体に効果があるので、下半身ダイエットには最適なんです。
足を肩幅に開いて、徐々にお尻や太ももから落としていくような感じでしゃがみ、太ももが床と平行になるまで腰を落としていきます。
お尻を突き出すような感じでやるとやりやすいですね。
今度は元の体勢に戻していきます。
ひざがつま先よりも前に出ないように気をつけて、背中が丸まってしまわないようにしましょう。
始めから無理して何回もやろうとせず、徐々に回数を増やしていくのがおすすめです。

有酸素運動と筋肉を使った運動の両方セットで下半身ダイエットが成功しやすくなります。
長続きさせることが重要なので、マイペースで無理せずがんばりすぎないのが大事ですね。

・少ない回数や時間でもまずは続けること

生活習慣を変えたり何かを新しく始めるのは意外と大変なものです。
特に運動が苦手な方はウォーキングですら辛いと感じるでしょうから、最初から全てを完璧にやろうとししなくてもかまいません。
スクワットが辛ければウォーキングだけでもいいし、ウォーキングも短時間からゆっくりペースで始めてもいいんです。
自分が無理なく取り組めるものから取り入れていって、徐々に体が慣れてきたら種類や回数、時間などを増やしてあげましょう。
とにかく続けることを第一の目標にして、すっきりしたお腹やキュっと上がったヒップを想像しながら、下半身ダイエットを始めてみましょう。

-おすすめダイエット方法

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2018 All Rights Reserved.