ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

おすすめダイエット方法

出産後に戻らないお腹…引き締める効果のあるダイエットとは?

更新日:

出産後大きくなったお腹を今までの体系に引き締めるため効果のあるダイエットの方法
出産後お母さんとなった女性でも全員が同じ境遇であるとは限りません。
家庭を持っている方は家事をして旦那さんの食事なども準備しなきゃいけない方で空いた時間にダイエットをしたい方、赤ちゃんまたはお子さんと遊びながらダイエットをしたい方、運動などあまりしたことなく体を動かすことが苦手な方などいろんな境遇にある方がいるので、その人にあった『楽しく、面白く、』続けることができるダイエットをいくつかあります。

楽しく赤ちゃんまたはお子さんをあやしながら、遊びながらできるダイエット方法です。

子供をあやしながらダイエット
赤ちゃんはもちろん2~3才くらいのお子さんは寝るのがお仕事ですが、起きてる時間も半分はあります。
また起きている時間も決まっていないのでダイエットの時間は定めることができない方が多いと思います。
なので赤ちゃんまたはお子さんがおきている時に、一緒に遊んだりあやしながら一緒にダイエットもできるという一石二鳥でお母さんもダイエットできてしまうというダイエット方法です。

おんぶをしながらダイエット

まずは赤ちゃんが首がすわっている頃からお母さんはおんぶをすることが増えてきます。
赤ちゃんをおんぶするにも小さいながら重さはあります。
また、おんぶしていても泣き出してしまったりそういう状況でもおんぶしなきゃいけない状況が出てきます。
そういったときに、最近あやすのに多いといわれる縦横の振動を与えるとおとなしくなったり、振動が良くて寝だしてしまう子もいます。
多くの方がやっていることで、縦横運動する際にお母さん自身も運動しようとダイエットしようというダイエット方法になります。

但し過度の揺れや振動は避けてください。

赤ちゃんまたは子供の首などに負担がかかってしまいます。
あくまで小刻み、ゆっくり燃焼させるイメージです。
縦揺れのダイエット方法はまず、小刻みに赤ちゃんまたは子供をあやすように小刻みに揺らします。
そうしたときにお母さん自身も腹式呼吸で小刻みに息を吐き続けます。
最初は苦しいので、慣れてきたときに息を吐き続ける中お腹にも力を入れます。
また力入れにくい方はほんの少しお腹を引っ込めることでも良いです。横揺れの場合はお腹をひねる動作です。

これは縦揺れ運動で少しおとなしくなったときにしたほうが良いです。
赤ちゃんはどちらか縦揺れのほうが落ち着きやすいので落ち着いてからゆっくりとした横揺れが良いです。
横揺れも最初は大変なので余裕ができたらずーと動かしながら息を吐き続けるのがとてもいい脂肪燃焼になります。
そうすると有酸素運動になるので脂肪燃焼になります。
何も無くこのダイエットをはじめて、続けるというのは難しいです。
ですが赤ちゃんまたは子供と一緒にできるのであやしながら、面倒見ながらできるダイエットです。
また、お腹付近に赤ちゃんまたはお子さんを乗せて腹筋動作も良いです。
赤ちゃんまたはお子さんは顔が前後に起き上がってくるのがとても面白いようで、喜びます。この運動は腹筋動作が入るのでなかなか大変で毎日やるのはとても大変です。
なので、あやしたり遊ぶ方法の一部としてやるのが良いです。

運動などあまりしたことなく体を動かすことが苦手な方にやりやすいダイエット方法です。

ホットヨガ
出産後のお母さんは長い時間赤ちゃんをお腹にいたので骨盤などがずれる片が多いです。
そういったところからまず、からだや骨を整えることがまず大事です。
骨盤矯正などストレッチまたはホットヨガなど体を整えながらやせること、またやせやすい体を先に作ることをまず目標にするダイエットです。
骨盤矯正やストレッチなど先にやったほうが効果的で続けやすいです。
骨盤矯正ですが日ごろの生活はもちろんですが、足を組んだり、歩き方に問題がある方だったり、猫背の方、どちらの方が下がっているなどいろんな方がいます。
それに加え赤ちゃんを長い月日お腹にいたお母さんはお腹に赤ちゃんがいやすいようにするため骨盤や臓器が通常よりずれます。
なので出産後赤ちゃんがいなくなって骨盤が元に自然に戻ることはありません。
なのでストレッチや骨盤矯正に通って直してもらうことで妊婦さんになる前と同じような体にすることができます。
骨盤が元の位置にいくことでそれの原因のお腹周りも少し引き締まりますし動きやすい体になります。
なので、そこから過度の運動は苦手な方でもストレッチやホットヨガなどでダイエットも続けることができやせるダイエットが可能です。
その際も赤ちゃんは旦那であったり両親に預けられるので気持ちのリフレッシュ空間としてもとても有効です。
また食生活でも、多くは食べたくない、やせるために極度の食料の減量は良くないので栄養を含んだサプリが良いです。
極度に食べる量を減らし減量するのは体に良くないです。
なので最低限ものは食べて、後の栄養はサプリで取ることで体の健康も良質なダイエットにつながります。
食事制限で体を壊してしまったら、赤ちゃんの面倒も大変になっていしまいます。
なので運動などあまりしたことなく体を動かすことが苦手な方にやりやすいダイエットは体をまず整えることです。
ダイエットサプリなら栄養を取りながらダイエットもできるので一石二鳥!

家庭を持っている方は家事をして旦那さんの食事なども準備しなきゃいけない方で空いた時間にダイエットをしたい方に良いダイエット方法です。

家事をしながらダイエット
出産後赤ちゃんまたは子供がいるからといって無くならないのが家事です。
家事でも旦那さんが協力的であったり、両親が面倒見てくれたりなどさまざまです。
ですが家事をしなければ、洗濯物が増えたり、床が汚れたり、洗う食器が増えたりなど赤ちゃんの面倒を見なくてはいけないので、ダイエットする時間がないという方が多いです。

そういったときに家事を利用したダイエット方法です。
まず毎日食事するのでしなくてはいけないのが食器洗いです。
その中でできるダイエットは食器は洗ったあと必ず干します、干すところはほとんどが左右どちらかにあるのでそれを利用します。
左右にあれば交互にできますが片側にしかない場合もあります。

そうしたときに洗ったものはお腹をひねる動作で干すとお腹のダイエットになります。
乾いた食器は先ほどと逆にひねれるようにしまうと左右バランスもよく有効なダイエットになります。
ただし腰痛持っている方、過度にはやらないでください。
洗っているときには一個洗うときなど目標を決めて一個洗い終わるまでお腹を引っ込めたり、一個終わる間息をゆっくり吐き続ける有酸素運動も有効です。
洗う間に有酸素運動を行っていれば、食器を干す際横にひねる動作もより効果的になります。

掃除機をかけながらダイエットを考える

日ごろ掃除機をかける際は近場をやることが多いと思われますが、ダイエットも兼ねて遠いところをその場所からできるかをやることでダイエットにつながります。
まず普段どおり近場をその決められた位置から、掃除したあとさらにその位置から片足をスライドさせて、腕を伸ばしてできるだけ決められた位置から遠いところを掃除することで下腹部から太ももにかけてストレッチと筋トレにつながります。
雑巾の水拭きでも足は伸ばしませんが同様です。
その決められた位置から遠いところまで腕を伸ばすことで効果的にダイエットできます。

洗濯物を干しながらダイエットを考える

洗濯物では洗濯籠から洗濯物を取り出す動作を利用します。
籠から取り出す際に軽くスクワットの体制で息を吐きながら一つをとります。
それを腕を大きく使ってはたく様にシワを伸ばします。
それを洗濯物の数だけ行えるので有効な有酸素運動になります。

日ごろ忙しいお母さんにとって大変なことなので、長く続けるように徐々に回数など増やせることで良いダイエットになります。
境遇も違ったり個人差もあるので、1人1人にあったダイエットして引き締めましょう。
骨盤ダイエット
産後のダイエットに効果が高い『骨盤矯正』とは?

妊娠中に、お母さんというのは、これから赤ちゃんを育てていく準備を体もしていくのです。 そのため、赤ちゃん1人に対して増加する体重以上にどんどん体重が増えていきますが、これは、体をありとあらゆる面からサ ...

続きを見る

-おすすめダイエット方法

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2019 All Rights Reserved.