ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

おすすめダイエット方法

寝ながらできるダイエット方法!お手軽にできるから大人気!

更新日:

道具も場所もいらない、気づいた時にすぐできる、これ以上、お手軽なダイエット方法はありません。

それは、寝ながらするドローイングダイエットです。ダイエットは、続けてこそ効果があるものです。どんなに面倒くさがり屋さんでも、これなら続けられそうです。夜寝る前や朝起きた時に、横になったままの状態でおこないます。

ドローイングとは

寝ながらダイエット
ドローイングというのは、日本語で“引っ込める”という意味で、その名の通り、息を吸ってお腹を大きく引っ込めるエクササイズです。
とにかく簡単なドローイングダイエットですが、普通の運動では鍛えにくい「インナーマッスル」を鍛えることができ、寝ながらでも効率よくウエストまわりを引き締めることができます。筋肉がつくと、代謝が上がるので脂肪を燃焼しやすい身体になります。

寝ながらドローイングの方法

仰向けに寝て足を骨盤の幅程度に広げ、膝を90度ぐらいに曲げた状態にします。

「背筋を伸ばして胸を張り、腹に空気を溜め込むようなイメージで息を大きく吸う」…息を吸いながらまっすぐな姿勢を維持、肩に力を入れないで、肩を下げる

「息を止めて、吸った酸素を体中に巡らせるイメージをする」…お尻の穴を締め、空気が出て行かないようにイメージ

「膨らませたお腹からへこませるように、息をお腹から絞り出す」…おへそを中心にへこませるイメージで、息を吐くときもお尻の穴は締めている状態

「腹から息を完全に絞り出し、お腹をへこませた状態で、浅く長い呼吸で30秒キープ」…姿勢は崩れないように、お腹まわりの筋肉に意識を向ける

この方法を繰り返しおこないます。1日の回数などを決めずに、寝る前や起きた時、ドライヤーで髪を乾かしている時、通勤電車の中、デスクワークで座っている時など、姿勢を選ばずどんな時でもおこなえます。

ドローイングに取り組む回数を増やしたり、お腹をへこませる時間を伸ばしたりすると、効果は必然的に向上します。できる範囲で限界まで取り組んでいきましょう。

また、4セット以上連続して行ってしまうと効果が半減してしまうため、5回3セットを目安にして1日の間にできるだけおこないます。

普通の呼吸より吐く力を意識しながら深い呼吸をし、その状態をキープすることで以下のインナーマッスルを鍛えることが可能です。

鍛えられるインナーマッスル

腹横筋…いちばん深い筋肉で内臓を守っている筋肉なので、内臓が活性化し代謝もアップ。腹筋エクササイズと同じ効果あり。

骨盤周りの筋肉…骨盤が安定し、骨盤周りの筋肉が動きやすくなる。骨盤が立つと自然に背骨が伸び、美しい姿勢をキープできるようになる。

腹斜筋…筋肉のコルセットができ、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてもお腹が出なくなる。脇腹が引き締まる。

腸腰筋…大腰筋と腸骨筋をつなぐ筋肉。下腹ポッコリやヒップの下垂を予防。

効果アップのポイント「丹田」

おへその下、指4本分下のあたりに丹田というツボがあります。息を吐く時、この丹田を使って息を吐くように意識することで、効果が高まります。

効果アップのポイント「有酸素運」

寝ながらドローイングをした後は、脂肪が燃焼しやすい状態になっています。

そのタイミングで、家から駅までの道、いつもよりも早足で歩いたり、駅エスカレーターは使わずに階段を上がったりするなど、こまめに身体を動かすだけでも効果的です。

さらに、歩きながらドローイングをすることも可能です。

ドローイングの効果

息を吸ってお腹を引っ込めることでインナーマッスルのひとつである腹横筋を使います。腹横筋は、ウエストのくびれをつくる筋肉で、鍛えることでウエストのサイズダウンが期待できます。

腹横筋が強化されると、体幹が安定しやすくなり、腰への負担を軽減することができます。そのため、腰痛の改善にも効果が期待できます。

個人差はありますが、ドローイングダイエットの平均的な効果としては、3~4cmほど、腰まわりが細くなる効果はあるようです。

このドローイングを継続してやり続けていれば、腹筋のインナーマッスルを始め全身の筋肉が鍛えられます。基礎代謝が上がり、痩せやすい身体へと変化します。

また、筋肉量が増えることで、骨盤が安定するようになります。基礎代謝が向上し、ダイエットはもちろんですが、冷え性の改善や、むくみの改善にもつながります。冷え性にも効果があるということなので、気長に続けると他にも良い効果が得られます。

ドローイング注意点

ドローイングは、空腹時に取り組むことが重要です。食後の満腹状態でドローイングを行うと胃が邪魔になってしまい、うまくお腹を引っ込められずにインナーマッスルを使うことができません。

あまり効果は見込めないので、しっかりとお腹がへこむ空腹時に取り組むようにします。
また、妊娠中の人にも、ドローイングダイエットは向きません。

ドローイングはこんな方におすすめ

寝ながらできる簡単なダイエット方法なので、忙しい人にはもちろん、身体を起こす腹筋運動ができない女性や運動嫌いな人にも手軽に取り組めるのでおすすめです。
激やせダイエットサプリメントを徹底検証

-おすすめダイエット方法

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2019 All Rights Reserved.