ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

おすすめダイエット方法

ダイエットのモチベーションを上げるにはどうすればいいの?体系維持の秘訣は継続!

投稿日:

いざダイエットをしようと思ってもなかなかモチベーションが上がらないことがありますよね。
ダイエットの失敗談のほとんどが続かないことです。
ダイエットに成功している人はどのようにモチベーションを上げているのでしょうか?

モチベーションは最重要ポイント

モチベーションを上げる方法
痩せたいと思ったり、体型をキープしたいと思っても、それが続かないことはままあるものです。ダイエットはそれがどんなものであっても多少は辛いです。
辛いことを日々続けるのは、さらに辛いもの。だから途中でモチベーションがなくなってしまうというのもわかります。

しかし、続けることなくしてダイエットが成功することも、体型をキープできるということもありません。ではどうすればダイエットは継続できるでしょうか?そこには、当然モチベーションが必要です。ダイエットの為のモチベーションをアップさせるためにこそ、努力しないといけないのです。

簡単なダイエットにすれば良い

規則正しい生活を心がける
モチベーションをアップさせるというと、なかなか難しいようにも思えます。でも、一つすごく簡単にモチベーションをアップさせる方法があります。それが、辛いと感じないようなダイエット方法でダイエットを行うというものです。

ダイエットを継続するのが辛いのは、「そのダイエット自体が辛いから」です。たとえばこんなダイエットをしていないでしょうか?

  • 食事の量を極端に少なくする
  • 激しい運動を朝6時くらいから行うようにしている
  • 毎日必ず決められた時間にランニングをするようにしている
  • 特定の食べ物を必ず避けるようにしている

こんなダイエットは、すごくつらく感じるものです。たしかに、食事の量を極端に少なくすれば痩せます。朝の有酸素運動も効果的ですし、決められた時間にランニングをするというのも悪いことではありません。マーガリンなどを避けることも間違いではありません。問題なのは、それに対してストイックになりすぎること。

ストイックになりすぎると、どうしてもそれらは辛くなります。そして人は辛いと感じることを継続させるのが難しい生き物なのです。結果、日に日にモチベーションは下がっていくでしょう。

それが分かれば話は早いです。そういうダイエットを避けて、なるべく簡単なダイエットにすれば良いのです。たとえば食事の量も「いつも腹八分目にする」とか。

運動も朝6時からするのではなく、「少しだけ家を早く出て、会社や学校まで少し遠回りしながら早歩きで行くようにする」など。これであれば、そこまで辛くはありません。

だから簡単に、モチベーションを高めていけるのです。そんなダイエットでも続けていけば結果は出ます。

理想の体型や目標を目に付きやすくする

目標となるスリムな女性
モチベーションをアップさせるためには、モチベーションの源を目に付きやすくするということも効果的です。

たとえば「こういう体型になりたい」とあこがれるような体型の写真を、スマホのホーム画面の写真に設定してみたり、あるいは「痩せて○○したい」という目標を書いた紙をトイレなどに張っておいて、いつでもそれが目につくようにする。そうすることによって、いつでもその目標を立てた時の気持ちがよみがえります。

目標を立てたタイミングでは、まず間違いなくモチベーションが最大限に高かったはずです。それなのに日常が忙しくなったり、あるいは思うように結果が出なかったりして、すこしずつ下がっていってしまうのがモチベーションです。

ただそれならば、最初の気持ちに戻ることが出来ればすぐにモチベーションはアップしていきますよね。この方法は、最初の気持ちを思い出すにはすごく効果的な方法です。

目標の立て方にもポイントが

目標を立てる
目標や理想の体型は、あまりに自分から剥離していない方が良いです。たとえば、今現在体重が100キロある方が、理想の体型として体重が40キロ台前半であるであろう方をあげても、ふとした時にあまりに差があることに気が付いて、逆にやる気を失わせてしまったりすることになりかねません。

そうなったらこの方法は逆効果です。だからそうならないように、ある程度自分に近いところの、現実的な目標を立てるのがおすすめです。

ただそれはもちろん、100キロ近くある方は40キロ台前半になることをあきらめるべきだと言っているわけではありません。そうではなく段階を踏んでいくのが良いと言っているのです。

まずは60キロを目指す。そしてそれから50キロを目指して、最後に40キロ台前半を目指すのです。そうすれば、どれも決して無理な目標ではなく、常に自分のモチベーションを上げてくれるはずです。実はそういう一歩一歩進んでいくというやり方が、一番スピーディーなやり方だったりするのは、うさぎと亀のお話からも分かりますよね。

逐一褒美を与えるとモチベーションが上がる

人の脳は、意外とシンプルなものです。だから、モチベーションが下がってきたと思っても、何か褒美を取らさせることで簡単にアップするものなのです。

ここでいう褒美とは、なんでも良いです。たとえば一般的に褒美と言われて思い浮かぶような、アクセサリーや服やバッグを買うのも良いですし、何かの体験を自分にさせるというのも一つの褒美です。

たとえばどこかにお出かけしたり。それがどんな褒美であっても、自分がある程度楽しみに出来ることがあれば、そのためにモチベーションは上がるものなのです。

ただ、これだけは避けた方が良いという褒美もあります。それは、食べ物です。たとえば、目標体重をいったんクリアしたからといって、それのご褒美で焼肉食べ放題とかスイーツ食べ放題とかそういうものに出かけていたらどうでしょうか?せっかく痩せた分の体重をそのせいで戻してしまうようなものです。

たしかにそれでもモチベーションは上がるでしょう。でもそもそもモチベーションを上げるのは、ダイエットのためです。

ダイエットを続けるためにモチベーションを上げるのに、そのモチベーションアップのための行動がダイエットの足かせになってしまっていたら意味がありません。

つまり、モチベーションを上げるのが目的になってはいけないということです。それは覚えておいてください。

結果を感じるのも効果的

ダイエットの成果が出てうれしい女性
ダイエットをして、結果が出たら誰だってすごくうれしいです。それはいわゆる成功体験となり、やる気をアップさせます。

だからダイエットのモチベーションを上げたいと思ったら、結果が出ていることを感じるというのも効果的になります。実際テレビの番組で以前、「毎日痩せたと言われ続けたら痩せる」という検証を行っていて、実際に痩せていました。

それは日々痩せたと言われることによって、日々自分がしていることの結果が出ているように感じて、ダイエットへのモチベーションが上がったからこそ、起こったことです。

ただ実際、そのテレビ番組と同じように毎日誰かに褒められるということはそうそうありません。かといって、誰かに頼んで毎日褒められるようにしても仕方ないです。ではどうすれば結果が出ていることを実感できるでしょうか?そのために効果的なのは、記録をつけることです。

つまり、毎日のように体重を量り、それを記録していくのです。そしてモチベーションが下がってきた時に、前の方からそれを見返していきます。

それがどんなダイエットであろうと、日々継続していけば、すごく昔の体重の記録と比べると少なからず結果は出ているものです。だから、それを見れば簡単に結果を感じることが出来ます。そうしてモチベーションは上がるのです。

工夫してモチベーションを上げよう

モチベーションは、勝手に上がるものではありません。こうして自分なりに工夫をして高めていくものなのです。だから是非これらのことを参考に、自分なりに工夫をしてみてください。そして、ダイエットを長い間続けていけるようになっていってください。

-おすすめダイエット方法

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2018 All Rights Reserved.