ダイエットに関する情報を更新中!

ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介

おすすめダイエット方法

マタニティダイエットの基本とは?気を付けたい注意事項

更新日:

産後ダイエットで苦戦しているママの話を聞くと、妊娠中からダイエットをして、産後すぐに体をすっきりさせたいと考えているプレママたちは多いです。
実は、マタニティダイエットというのは、場合によっては赤ちゃんとお母さんのためになるのでやっても良いのです。
しかし、ここでは、マタニティダイエットは何か、その基本とマタニティダイエットをする際に注意したいポイントをご紹介したいと思います。

マタニティダイエットをする前に基本を知ろう

マタニティダイエット
基本的に、妊娠中のダイエットはする必要はありません。
体重の増加はお腹の赤ちゃんのためであり、出産のときに母体を守るため、さらに産後の2人を支えるためのものです。
ですが、過剰に体重増加してしまった方はマタニティダイエットをすることも考えますよね。
そこで、まずはマタニティダイエットをしても良い方とすべきではない方の基準について知っておきましょう。

骨盤ダイエット
産後のダイエットに効果が高い『骨盤矯正』とは?

妊娠中に、お母さんというのは、これから赤ちゃんを育てていく準備を体もしていくのです。 そのため、赤ちゃん1人に対して増加する体重以上にどんどん体重が増えていきますが、これは、体をありとあらゆる面からサ ...

続きを見る

BMI値から体重増加できる範囲を知っておこう

BMI値とは、いわゆる体脂肪率です。

BMI値計算式
BMI= 体重kg ÷ (身長m)2
適正体重= (身長m)2 ×22

体重と身長から脂肪密度をはかるものですが、BMIが18以下の方は痩せ気味の体型ですので、妊娠中の体重増加は10~12kgまで大丈夫です。
BMIが18~24の方は7~11kg程度、それ以上の方は5~7kg程度、妊娠中に太っても問題ないとされています。
さらに、安定期以降(妊娠5ヶ月)は毎週500g程度の増加が理想なのですが、この数値を明らかに超えてしまっている方は、マタニティダイエットを考えても良いでしょう。

ダイエットを始める前に太りにくいものを食べる

家事をしながらダイエット
マタニティダイエットをしなくても良いよう、日頃の食生活を工夫してみてください。
食べたものがほとんど体に残ってしまう妊娠中ですから、高脂質で高カロリーの食事は控えましょう(妊娠中でなくてもこういった食事の摂取し過ぎは厳禁です)。
例えば、調理方法も、普段だったらお肉は焼くけども、蒸したり、オーブンを使って油を使わない焼き方をすれば、かなりカロリーカットになりますし、体への負担も減ります。
また、食べる時間帯もよく考えましょう。
妊娠中でなくても、寝る直前に食べたものというのは、そのまま体に残っていますから、太りやすくなります。
ですので、食事をするのは寝る3時間前までなど、ある程度寝る時間と食べる時間の間をあけるということを考えて食事を摂取しましょう。

自分勝手にマタニティダイエットを決行しない

お医者さんに相談しながらダイエットを始めましょう
欧米であれば、妊娠中の運動は激しい運動も含めて奨励されていますが、それでも、体調と相談することがベースとなっています。
日本の場合は、妊娠中のマタニティダイエットだけでなく、運動だってあまり奨励されていません。
ですので、必ず医師や専門家に相談してからマタニティダイエットを行ってよいか確認してください。
さらに、どんな運動をして良いかも聞いておくと、ダイエットがしやすくなりますし、さらに安心できるので、聞いてみましょう。

妊娠初期のマタニティダイエットは避けよう

妊娠初期は、つわりで体重が激減されている方もいるので、マタニティダイエットをしようなんて思う方も少ないかもしれませんが、妊娠初期からかなり体重増加する方はダイエットを考えます。
しかし、体重のことより赤ちゃんのことを考えましょう。
妊娠初期はまだお腹の中の赤ちゃんは安定した状態とは言えません。
ですので、基本的に妊娠初期のダイエットや運動も避けるようにしましょう。

マタニティダイエットに適したエクササイズとは

マタニティダイエットをする場合にはどんなエクササイズがおすすめなのか見ておきましょう。

誰でも簡単にできるウォーキング

ウォーキング
これはどんな方にもぴったりなエクササイズとして知られていますよね。
それが、ウォーキングですが、マタニティダイエットにもぴったりなのです。
激しい運動ではなく、体に優しいエクササイズな上に簡単に始めることができます。
ただし、注意しなければならない点があり、ウォーキングの最中にお腹が張ったりした場合には、休める場所があったら休憩して落ち着いたらもう1度始めるとか、その日はそれだけで終わるようにしましょう。

赤ちゃんが好む環境を作るヨガ

マタニティのエクササイズ
マタニティヨガというものもあるように、ヨガは妊婦さんにとって最高のエクササイズなのです。
ヨガは有酸素運動ですから、必然的に脂肪の年商を促し、ダイエット効果につながります。
しかし、注目してほしいのは、ヨガというのは、体の中から温め、実は子宮を温める効果があるので、赤ちゃんが大好きな環境を作り上げることもできる党メリットがあります。
なので、妊活にも効果的だと言われているのです。
リラックス効果もあるので、ストレスによって子宮の収縮が起こりやすい妊娠中のリスクを回避することもできます。
これと似たピラティスがありますが、ピラティスはリラックス効果よりもエクササイズ効果に重点を置いているので、ヨガよりも動きが激しいです。
ですので、妊娠中はできればヨガをチョイスしましょう。

関連出産後に戻らないお腹…引き締める効果のあるダイエットとは?

マタニティダイエットをする際の注意点とは

ただのダイエットではなく、赤ちゃんがお腹にいる時にダイエットであるマタニティダイエットをする際には色々と注意することがあるので、そのことについても知っておきましょう。

体調が悪い時(悪くなったら)やらない

当然ですが、体に何か変化があった場合にはやらないでください。
エクササイズをする前には体調がよかったけども、それをやった瞬間に体調が悪くなったという場合には、ただちにエクササイズを中断しましょう。
最初から体調が悪い日は、無理してエクササイズをしないでください。

もっと痩せたいからといって食事制限はしない

体にもう1つの体があるのですから食事を通常よりも欲するのは、妊娠中当然のことです。
でも痩せたい気持ちが強く食事制限をしようと思う方もいるのですが、これは母体にも赤ちゃんにも影響が出てしまいます。
栄養が不足すれば早産のリスクなども出てくるので、無理な食事制限は避けてください。
もちろん、上記でお教えしたような調理法を変えるなどの食事制限の仕方であれば問題ありません。

安定期に入るまではやらない

先述したように、安定期に入るまでは赤ちゃんがお腹の中で安定していませんから、マタニティダイエットは控えてください。
そして、ダイエットしたいのであれば、必ず医師や専門家からゴーサインが出てから行うようにしましょう。

気分が悪くなりそうな時間帯に流行らない

例えば、入浴した後に軽くエクササイズをしようかななんて思っている方もいるでしょう。
なぜなら体が温まっているので代謝がアップするからです。
しかし、そういった時に運動すると、水分が体から失われている状態なので疲れやすく、お腹が張ったりするので避けましょう。
また、ご飯を食べた直後も、妊娠中でなくてもエクササイズなんてしたら気分が悪くなってしまいますよね。
妊娠中ももちろんそうなり、体調が思わしくなくなるので、この時間帯も避けましょう。

マタニティダイエットをどうしてもしたいという方がいたら、こんなポイントに気を付けましょう。
このポイントに気を付ける前に、必ずあなたのかかりつけのお医者さんなどにマタニティダイエットをして良いかチェックしてから行うようにしましょう。
まずは赤ちゃんとあなたの安全を守ることを考えた上でダイエットを始めてくださいね。

関連妊娠中にダイエットサプリは服用しても大丈夫?

-おすすめダイエット方法

Copyright© ダイエット速報!成功談やダイエットサプリの最新情報を紹介 , 2018 All Rights Reserved.